水 晶 豆 知 識

入り水晶 直感力・感性を研ぎ澄ます

水晶の結晶内にルチル(金鉱石)やトルマリン(電気石)、角閃石、カーボン(炭素) などの鉱物が内包物として針状に入った水晶を、その形状から針入り水晶と呼びます。

針状の鉱物は、縫い針のような形をしたものや動物の毛のような柔らかいラインを 描くものもあります。

なかでも黄金色の太目のルチルがまっすぐに伸びて内包されているもの(ルチルドラード)は 金運、財運を呼ぶとして珍重されています。

一般的にこの水晶は、他の水晶に比べ飛びぬけてパワーが強いと言われます。

水晶豆知識トップページ