水晶の館トップページ > 天然水晶カタログトップ  > 天然トルマリン入り水晶原石 インデックス  > 天然トルマリン入り水晶原石 カタログページ TR-11

rndbtn04.gif 天然トルマリン入り水晶原石

ページNo. 品 番 重量(グラム) 高さ(ミリ) 価 格 キャンペーン価格
TR-11 CRTR0680 680 68 ¥34,000 売却済み

ご注文の際、この ”ページNo.” ”品番” をお知らせください。

50%off-3 ブラジルミナス州の水晶鉱山の周りにはトルマリン鉱山がたくさん有ります。 水晶の原石にトルマリンの結晶が
内包された珍しい水晶原石が70%割引でお求めになれます。水晶の収集家・コレクターの方へお勧めです。

crtr11-1の写真

乳白色の石英の結晶に少し青味を感じるトルマリンが内包されています。

石英(クオーツ)と水晶、日本語では石英の良結晶を”水晶”と呼ぶそうです。

この結晶は未だ六角柱状になっていませんので、石英と呼ぶ事にします。

この画像の位置での大きさは、横約9センチ、奥行き約9.5センチです。

crtr11-3の写真

別のアングルからの画像です。

自然の不思議さ、面白さをも感じます。

crtr11-4の写真

美しいトルマリンの結晶のアップ画像です。

一番上の画像の説明に、”青味を感じる”と書きましたが、最近発見された”パライバ トルマリン”というものがあります。

ちなみに”パライバ(Paraiba)”とはブラジルの東北部に位置する小さな州の名前で、その州の鉱山で発見されたので” パライバ トルマリン”という名前が付けられました。

トルマリンは宝石の中で一番色が豊富な石ですが、そのパライバトルマリンは、中でも非常に高価な宝石です。

この画像の結晶は、ミナス州で発掘されたので、もちろんパライバ トルマリンではありません。が、、、

とても綺麗です。

crtr11-5の写真

もう一枚、トルマリンのアップ画像です。とても綺麗な結晶です。

もしこれがパライバ トルマリンだったら、、、

鉱物・鉱石コレクター・収集家の方に特にお勧めです。

お早めにどうぞ。

一口コメント

ブラジル、ミナス州最東北、もうバイヤ州との州境にある鉱山街、アラスアイで見つけた水晶とトルマリン結晶の組み合わせ、 非常に珍しいコラボレーションのご紹介です。

このアラスアイはミナス州の奥地も奥地、地の果てのような遠い遠い街です。

良く知られている古都、ディアマンティナの北方、約300Kmにありますが、まだ途中100Kmくらいは未舗装の街道を走らなければなりません。

この街の近くにコロネル ムルタという鉱山街があり、此処に世界でも最大といわれるトルマリン鉱山があります。

ですからこのような水晶とトルマリンの結晶が共生している石があるのかもしれません。

トルマリン(電気石)は鉱石のなかで一番カラフル、色が豊富な鉱石です。

グリーントルマリン、ピンクトルマリン、ブラックトルマリンが良く知られています。

rndbtn08.gif 高さ(ミリ)は座りの良い状態に置いた時、底辺から一番高い部分迄です。

巾は計るところで異なりますので、高さから想像してください。

内包物が良くわかるように写真の上部からソフト照明をあてて撮影しました。

ご注文には、このページNo.と品番をひかえてください。

前のページへ arrowleftのImage arrorightのImage 次のページへ

BACKのImage 天然トルマリン入り水晶原石の目次へ

水晶の館トップページ > 天然水晶カタログトップ  > 天然トルマリン入り水晶原石 インデックス  > 天然トルマリン入り水晶原石 カタログページ TR-11