水晶の館トップページ > 天然水晶カタログトップ  > 超巨大水晶 インデックス  > 超巨大水晶 カタログページ HG-18

rndbtn04.gif 超巨大水晶

ページNo. 品 番 重量(グラム) 高さ(ミリ) 価 格 キャンペーン価格
HG-18 CRCT6460 6,460 225 ¥516,800 売却済み

ご注文の際、この ”ページNo.” ”品番” をお知らせください。

crhuge18-1の写真

メインの結晶(主結晶)の周りにたくさんの結晶がどんどん成長してきた、カテドラル水晶の特徴がはっきり出ている結晶です。

カテドラル水晶とは、1本の結晶の周りにたくさんの小さな水晶の結晶が重なりあって結晶した姿が、ヨーロッパの教会の大聖堂(Cathedral)を連想させることから付けられた名前です。

この状態で、結晶の最大幅が約16センチ、奥行きが約12cmあります。

crhuge18-2の写真

1枚目画像の背面から撮影しました。

尖塔が複数ある教会があるように、こちらのカテドラル水晶もはっきりとポイント部分が最低でも4つほどに分かれている様子がお判りいただけます。

メインの結晶の回りを小さな結晶が取り囲んで大きくしているような印象の結晶です。

crhuge18-3の写真

さらに角度を変え、撮影してみました。

撮影環境の影響で多少強調されていますが、結晶全体がこの様にすりガラスのような色合いになっています。

画像にも数ヶ所写っていますが、結晶表面には、ベージュ系のあまり目立たない、他の鉱物が付着しています。

天然の結晶だという事を主張するかのようでもあります。

crhuge18-4の写真

ファセット(錐面)をアップにして撮影してみました。

錐面(ファセット)が良くご覧いただけるようなアングルです。

三角形に光っている部分が小さな結晶の錐面で、こちら側では結晶全体がこの様なファセットがで埋め尽くされています。

このような非常に小さな水晶の結晶がたくさん集まってこの大きなカテドラル水晶を造り上げている訳です。

crhuge18-5の写真

ファセット面をアップにして、別角度から撮影してみました。

こちら側には、他の鉱物は付着してなく、上の画像とはまた違ったファセット部分の印象です。

また、数ヶ所柱面から、他の結晶のポイント部分が飛び出しているところがあり、興味深い様子です。

気分や、日ごとに眺める角度を変え、楽しむのも良いかもしれません。

crhuge18-6の写真

最後、比較のためにスマートフォンを置いて撮影した画像です。

大体の大きさを実感して頂けますでしょうか。

画像右側の結晶柱に銀色に輝いている場所がご覧いただけます。

その場所には、レインボー(虹色)が輝く事もあります。

ミネラル(鉱物)のお好きな方、コレクターの方にお勧めです。

高さ(ミリ)は底辺からポイントの先端迄です。

巾は計るところで異なりますので、高さから想像してください。

「水晶の館」のベランダで太陽光(自然光)のもとで撮影しました。

ご注文には、このページNo.と品番をひかえてください。

前のページへ arrowleftのImage arrorightのImage 次のページへ

BACKのImage 超巨大水晶の目次へ

水晶の館トップページ > 天然水晶カタログトップ  > 超巨大水晶 インデックス  > 超巨大水晶 カタログページ HG-18