「水晶の館」・クリスタルパレス店舗ご紹介
「水晶の館」ショールームご紹介
山中湖へのアクセス

「水晶の舘」・クリスタルパレス ショールーム店舗ご紹介

水晶の館

大きな水晶をたくさんご覧いただけるショールームが
お店の隣の建物の2階にオープンいたしました。

お店の左側、ラーメン屋さんの2階に、紫水晶祠・カペラデアメジスタや非常に大きな水晶、そして数十キロもある水晶ポイント型などを集めた「水晶の舘」・クリスタルパレスのショールームがオープンしました。

ラーメン屋さんの左側、ちょうど 「名産しじみラーメン」 の垂れ幕の後がショールームへの入口です。

「うあー、すごい!!」、「綺麗!!」、 ここでもお客様の第一印象はお店と同じです。

水晶の館

水晶の館

水晶の館

入口のドアーをあけると、もうそこは紫水晶祠・カペラデアメジスタの世界です。

この入り口の棚には比較的背の低い小さな紫水晶祠・カペラデアメジスタを陳列してあります。

二階への途中、踊り場にもたくさんの紫水晶祠・カペラデアメジスタがあります。 ここはどちらかというと、背の少し高いカペラが並んでいます。

入口の廊下とこの踊り場だけで、100本くらいのカペラがあるでしょうか。

そしてショールーム2階に上がったところです。

この棚・ラックにはインターネット通販カタログに掲載されているカペラを展示しています。

小さいものは5−6Kgから大きいものは20Kg,30Kg以上もあります。

水晶の館

水晶の館

水晶の館

紫水晶原石、アメジストクラスターです。

紫水晶・アメジストの鉱山ではそれを掘り出す時、坑道でダイナマイトが使われます。

たくさんの石がダイナマイトで爆破する時、破損してしまいます。いわば原石の破片部分です。

でも破損したからといって、その結晶の美しさは変わらないわけですから、破片をこのような形のまま、あるいは木台を作って差し込んだり、きれいな置物のようにして装飾石、飾り石として珍重されています。


水晶の館

ショールーム2階中央には大きな陳列テーブルが3つございます。

そこには巨大水晶クラスターや、数十キロの重さを持つ水晶ポイント、そしてお店のほうに陳列しきれない水晶をたくさん並べてございます。

青色のカーテンの後は事務室 兼 水晶類のストックなのですが、、、

chain

ブラジルで買い付けた水晶が到着しますと、、、、

水晶の館

ブラジルからの輸入貨物はドラム缶で到着します。

紫水晶祠・カペラデアメジスタは200リットル入りの大きなドラム缶で送られてきます。

大きな石ですと一つのドラム缶に2つか3つしか入りません。 小さな石と大きな石をうまく組み合わせると一つのドラム缶に7−8個入ります。

石と石の間には木屑をびっしり入れて輸送中に他の石とぶつからないようにしています。


水晶類は80リットル入りの中くらいのドラム缶で送られてきます。

水晶は紫水晶祠・カペラデアメジスタと比べますとその形状は小さいですし、またそれぞれの石が他の石とぶつかって壊れないようにカペラのように木屑ではなく、新聞紙で丁寧にくるまれてきます。 インターネット通販で皆様に水晶をお送りする時、緩衝材として使っておりますあのポルトガル語の新聞紙です。

この水晶の開梱作業は本社でドラム缶のふたを開け、新聞紙に包まれた水晶をそのまま事務室へ運び込みます。

そしてこの事務室で新聞紙を開け、石をとりだして、100円ショップで買ったたくさんのプラスチックカゴに入れて、、、

この時、この事務室は最初はたくさんの新聞紙で、つぎはたくさんの水晶をいれたプラスチックカゴで、、、 それこそ足の踏み場もなくなってしまいます。


そしてこの事務室兼作業場で一つ一つの石を計量、クラス訳の検収作業をしてラックに水晶の種類別にストックします。

下の中央のラックはインターネット販売のカタログに掲載されている水晶の収納場所です。

この一角にインターネットオフィスがあり、ここからお買い上げいただいたお客様へ発送されます。

水晶の館

水晶の館

水晶の館